--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-22(Mon)

ショック!捨て犬との直面

日曜日、いつものようにぴーちゃんを散歩させていると、
かき集められた落ち葉の山の中に、物体がありました。

ぱっと見、

化け物?妖怪??

と思ってしまったのですが。

よーく見ると太りすぎたその体からは毛が伸びまくり、
毛玉だらけになって目も隠れて見えない犬のよう。
しかもこうなる犬って…シーズーだよね。。。?

そう、確かに口元の感じ、下の歯の出具合とか。
頭の毛も目に入らないように結んでありました。
(って思いっきり目に入って目の存在がわからないのだけど

シーズーだわ。。。

首には50cmほどのリードらしきヒモ、持ち手が輪になっています。

しかし、しかし!

あたりを見渡しても飼い主らしき人の姿はありません。

捨て犬??

マジで?え??ひどすぎない?ウソでしょ??
どうしよ、どうしよ、この子どうしよう

一昨日この道を通った時はいなかった。だから昨日か今日捨てられたのか?
いや、本当に捨てられたのか?

こんな風に犬を捨てる人がいると思うと、かなりショックだったし、
自分がその子に対して何をしてあげられるのかを考えると辛く、混乱してしまいました。
その時周りに人はおらず、私一人で「信じられない!」「どうして?」
などとブツブツ言ってたような気がします。

とりあえず餌も水入れも持っていないので、
(ぴーちゃんには携帯給水器で散歩中は水をあげるので)
ひとまず急いで家に戻ることにしました。

その場を早足で去ろうとした途端、その子はなんと、びっこをひきながら
追いかけてくるではないの!
その姿には心が痛んで、忘れられない映像となりました。

間違いなく、この子は捨てられたんだ。
病気持ってるとかで育児放棄されたんだー(泣)
「シーズーは自分で毛繕いできないので、飼い主さんが定期的にグルーミングやカットをして
あげましょう」などと、シーズー飼育本に書かれていたことなどが頭を駆けめぐり、
この子の飼い主はどれだけ怠慢なのか!
自分で何もできない、可哀想なこの子はきっと、目も皮膚も悪くなっているのだろうな…
などといろんな思いがわき上がってきました。

とはいえ、
だからってこの子を連れて帰って我が子として育てることも、
そう簡単にできることでもなく、旦那のくぽくんに一報電話して一旦家に戻りました。

ひどすぎる!こんな姿にさせるなんて!!

ぴーちゃんをハウスに戻し、今度は水入れとご飯を持ってくぽくんと再出発★
その間も、飼い主がやっぱり可哀想になって戻ってきていないか?ちょっとだけ期待したりして…。

現場に到着すると、なんとその捨て犬シーズーはダンボールの中にいました!
あの短いリードは木の名前の書かれた、土に刺さっているサインに固定され、
目の前には水入れ、そこには水が。

きっと哀れに思った通行人や犬の散歩中の人が、少しずつ持ち寄ったのかもしれません。
私たちは持参した水入れの容器に餌を入れ、そこにあった水入れの容器には水を足しました。
そうこうしているうちに他の飼い主も通りかかったので、彼もジャーキーなどをあげていました。

ちょっとホっとしました。
でも、これって結局ほんとうのところは何の解決にもなっていないんだよね。
その場しのぎの策でしかないそれはもちろん分かってはいます。

夜は風がピューピュー冷たかったです。
この子がどうなってしまうのか、飼い主はやっぱり現れないのか、
誰か保護する人が現れるのだろうか…

同じ頃、暖かい部屋でぬくぬくと寝そべって牛皮ガムを噛んでいるぴーちゃんには、
想像もつかないような可哀想な子です。生まれた時は同じシーズーでも、飼い主次第で
こんなにも運命が変わってしまうのかと思うと、とても複雑な気持ちでした。

夜が明け、今日になって、私は再度餌と水を持って現場を訪れてみました。
ダンボールは空っぽでした。水の容器も餌の容器もなくなっています。

誰かが保護したのだろうか…?
あたり一帯はところどころ落ち葉の山があり、
まさかここに遺体として埋められてはいまい。。。

そう思って今日は引き返しました。
あの子がどうなったのか、最後のところは知るゆえもありませんが、
どうか無事であって欲しいと思います。

theme : シーズー
genre : ペット

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

命を大切にしてほしいと思いますね。
その飼い主さんは何を思ってその子を飼いどう思って寒い中捨てたんでしょ~。
シーズーを飼えば手入れが必要なのは当たり前、お金だってかかる。生涯面倒見れないなら飼わないでほしいです。
世の中にはペットをアクセサリーとしか思ってない方も多々います。病気したら飼育放棄なんてまれに聞きますが・・・・。
その飼い主さんのことは一生理解できませんね。

そのシーズーちゃん誰かに保護されてるといいですね。私なら即効連れて帰りますわ^^

No title

本当にゆるせない気持ちになります。動物を平気で殺す人、虐待する人があまりにも多すぎる。とくに現代人は犬を飼っているいないにかかわらず、ペットとは何か、命とは何かを一度は考えてみないといけないと思う。なぜ捨てられたか?ペット自身はわかりません、すべて受身でしかないのにね。つらい現場に立ち会われて大変でしたね。わたしだったらどのように対処しただろうか・・・。考えさせられます。
シーズーちゃんの無事をわたしも願っています。

No title

@えりさん

私は迷ったけど連れて帰ることはできなかった。。。
でも迷う余地もなく、即断即決で連れて帰れるというえりさん、すごいです。

@ちゃぼるうさん

捨て猫か野良猫?は何匹かいるんです。その公園には。でも心優しい誰かさんがよく餌をあげにきていて。
ただ、室内で飼われていただろう犬が、こうして捨てられている現場は初めてで、かなりショックだったし、自分でもこの程度のことしかできなくて心苦しかったです。。。

No title

本当に許せないですね。
と言いつつ、うちの子も毛を伸ばし放題にしていたので、
若干耳が痛いですが…。
前にテレビで保健所に預けられるペットの特集を見ました。
「ネットで買ったが、イメージと違ったので」
「旅行に行く間、世話ができないので」
なんて理由で、保健所へペットを連れてくる飼い主がいるそうです。
命を何だと思っているのか、本当に悲しくなります。
かといって、そういう子たちを引き取って育てるだけの余裕もうちにはないのですが…。
件のシーズーちゃんの無事を祈るばかりです。

No title

@yanashuさん

保健所に、そんな理由で持ち込む人がいるんですね…ひどい!小さくて無抵抗な、でも大切な命を、いったい何だと思っているのか…悲しくなりますね。

プロフィール

kinco kiz (くぽくん&じゅんじゅん)

Author:kinco kiz (くぽくん&じゅんじゅん)
ピノ(♀)
2008年6月生まれ

夫婦+わんこの生活、始めます★
マンションで(もちろんペット可!)わんこと暮らすってどうなんだ?
うちらの日常にうちら以外の存在がいることが日常になるって、どうなんだ?

そんないろんな「?」もあるけれど、ピノとの新たな生活を楽しみに、記録用にブログを始めました!


にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
+
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。